ED治療の改善はED治療薬で!安心して使えるED薬

バイアグラの副作用について

バイアグラを服用することによっておこる副作用としては、日本で確認されているものは、頭痛、顔が赤くなる、めまい、ほてりなどがバイアグラを服用した患者さんの1割程度にあらわれることがあることがわかっています。

 

そのほかには気分が悪くなる、鼻つまり、消化不良なども見られるようです。

 

参考までにアメリカのファイザー製薬のレポートによれば、バイアグラの服用した人の副作用に関するデータは以下になります。

 

 

副作用の種類 割合
頭痛 16%
顔面のほてり 10%
鼻つまり 4%
消化不良 7%
泌尿器炎症 3%
視覚的変化 3%

 

通常の場合、こういった症状を感じても一時的なものですので、医師から勧められた正しい服用法や回数を守っていれば、バイアグラの代謝とともに自然に収まることが多いです。それほど神経過敏になる必要はないでしょう。

 

ただ、少しでもこうした副作用を感じたら、収まるまでは性行為は控えるようにしましょう。

 

危険な副作用の症例には、急激な血圧の低下による心疾患や、ほかの薬との合併症などがあります。しかし、医師の元でEきちんと健康チェックをし、医師に言われたバイアグラの服用についての注意を守っていれば、こうした事故につながる可能性は低いといえます。

 

ただ、高齢者の場合など、健康チェックの時点では問題がなかったのに、性行為中に狭心症などの発作を起こすことも考えられます。

 

バイアグラ自体には適応していても、過度な性行為によって体に負担をかけ、結果として発作を起こしてしまうというケースです。

 

また、バイアグラの服用する際に、自分の判断で買ったにほかの薬と併用することは絶対にしてはいけません。胃薬など、普段何気なく飲んでいる薬の中にもバイアグラとの合併症を引き起こしてしまうものもあるのです。