ED治療の改善はED治療薬で!安心して使えるED薬

用量を使い分ける目安

アメリカ製のバイアグラのタブレットには、25ミリグラム、50ミリグラム、100ミリグラムの3種類があります。しかし日本国内で製造販売が認められているのは25ミリグラムと50ミリグラムの2種類です。

 

患者への処方する用量は基本的に医師の判断となります。通常は50ミリグラムの処方となりますが、EDの症状が比較的軽度の方でしたら25ミリグラムのもので充分でしょうし、欧米人よりも体の小さい日本人の場合は、たとえ50ミリグラムを処方されても、最初のうちは半分にカットして25ミリ程度から服用した方が、副作用が起こる可能性を抑えることができて、より安全だと思います。

 

また副作用のリスクを考えた時に、65歳以上の高齢者の方、肝臓や腎臓疾患のある方は、25ミリグラムから服用されることをおすすめします。

 

病院にバイアグラをもらうために診察に行くと、一度に処方してくれる量は、基本的には1か月分です。

 

ですから、常識の範囲内で性行為を1週間に1回から2回と考えて4錠から8錠と言ったところです。

 

これは処方する医師によっても差異はあると思いますが、どんなに多くとも16錠程度でしょう。