ED治療の改善はED治療薬で!安心して使えるED薬

勃起機能と男性ホルモン

勃起機能と男性ホルモン

男性の下半身の機能にとって男性ホルモンが重要な役割を果たしていることは想像できることだと思いますが、勃起機能についても男性ホルモンの存在が必要なのは例外ではありません。

 

男性ホルモンが少なくなってくると、性的な刺激に対する反応が鈍くなります。男性ホルモンの分泌は思春期の頃に急激に高まります。しかし、中高年に差し掛かると徐々に減少し始めてきます。

 

このように男性ホルモンの分泌量に比例して性欲が落ちてくるのです。それに伴って精子の製造量も低下してきます。性欲の低下は勃起力の低下へと影響が大きくなってきます。

 

ED患者さんの中でもやはり男性ホルモンの分泌量は、健康な男性に比べるととても少なくなっていることがわかります。「最近、その気になることが少なくなった」「以前なら興奮してたけれども、下半身が反応しなくなった」こんな言葉をよく聞くようになってきました。

 

このような男性は男性ホルモンが不足しているといえるでしょう。男性ホルモンは神経に作用することで、性欲を旺盛にしたり、性的興奮を認識する働きをしているのです。

 

そのために、このような症状があるということは男性ホルモンが少ないので、勃起機能も低下してきているという症状の始まりなのです。